可児市 新型スペーシアvsライバルの新型N-BOXと比較! ブルームーン

サブページメイン画像

  • HOME
  • 新車1.9%
  • 新型スペーシアvsライバルの新型N-BOXと比較!

新型スペーシアvsライバルの新型N-BOXと比較!

 新型スペーシアvs新型N-BOX

スズキ スペーシアがフルモデルチェンジを受けて2代目となった。新型は、標準タイプのスペーシアと、専用デザインのスペーシアカスタムの2本立て。そんな新型スペーシアのライバルといえば、2023年10月に新型が発売されたばかりのホンダ N-BOXだろう。今回は、ほぼ同時期に発表されたスーパーハイト型の軽自動車2台を比べながら紹介していく。

新型スペーシア

スペーシアのデザインモチーフとなるのはコンテナ。多様なアクティビティのアイテムを詰め込めるイメージである。スペーシアカスタムは、立体感とワイド感を強調したデザインで、標準のスペーシアと差別化が図られている。

新型N-BOX

N-BOXは、シンプルな造形美を基本に、家電製品にも共通する丸穴デザインを採用して身近さを強調。カスタムは、ホンダ発のダイレクトプロジェクション式フルLEDライトを採用するなど、質感の追求にもこだわっている。

 どちらもキープコンセプトのエクステリア

まずはエクステリアを比較してみよう。いずれもキープコンセプトのモデルチェンジで、先代からの印象を大きく変えないデザインを踏襲する。どちらもスーパーハイト型の軽自動車としては標準的な大きさ。 スペーシアのデザインモチーフとなるのはコンテナ。多様なアクティビティのアイテムを詰め込めるイメージである。

新型スペーシア

新型スペーシアの後部座席には、スズキ初のマルチユースフラップを採用したのがトピック。これは、普段の移動を快適にするレッグサポートモード、自宅のようにリラックスできるオットマンモード、荷物の落下を防ぐ荷物ストッパーモードと、用途に合わせた使い方ができるのが魅力だ。そのほか、新形状のパーソナルテーブル、後席USB電源ソケット、スリムサーキュレーターなど後席の快適性をグッと高められた。また、パワースライドドアの予約ロック機能に、フロントドアとバックドアのリクエストスイッチが追加されている。

新型N-BOX

ライバルの新型N-BOXも、パワースライドドアの予約ロック機能が追加されている。ドアが始まるまでクルマの近くで待つ必要がなく、雨天時などで便利な機能だ。 室内長は新型スペーシアの2170mmに対し、新型N-BOXは2125mmとスペーシアのほうがゆとりがある。室内幅は新型N-BOXのほうが5mmほど広いが、トータルではスペーシアのほうが広い。

新型スペーシア

新型N-BOX

 スペーシアはハイブリッドで燃費性能で有利

どちらも自然吸気とターボを設定するが、新型スペーシアは全グレードがハイブリッドとなるため、WLTCモード燃費は最大で25.1km/Lを実現している。一方、新型N-BOXのWLTCモード燃費は最大で21.6km/L。燃費性能は新型スペーシアに軍配があがる。

新型スペーシア

新型スペーシアには、「スズキ セーフティサポート」を標準装備。衝突被害軽減ブレーキとして「デュアルセンサーブレーキサポートII」、「低速時ブレーキサポート(前進・後退)」を導入した。前者は、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用することで、検知角はステレオカメラの2.6倍となった。さらに、アダプティブクルーズコントロールでは、カーブや車線変更時の速度抑制機能を追加し、より快適なロングドライブができるようになった。また、車線維持支援機能が新たに追加されたのもトピック。

新型N-BOX

一方新型N-BOXでは「ホンダセンシング」を標準装備。これはスペーシアの「スズキ セーフティサポート」に該当する先進安全装備で、加減速支援の渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロールなど、スペーシアとほぼ同じ内容の安全機能が盛り込まれる。

新型スペーシア

新型スペーシアでは、9インチメモリーナビゲーションにスズキコネクト連携機能を追加。ドライブレコーダーとの連動やHDMI入力対応など、機能を拡張することでより便利になっている。

新型N-BOX

一方新型N-BOXでも、車載通信モジュール「ホンダコネクト」を導入。ボタンひとつでオペレーターが対応する緊急サポートセンター、車内Wi-Fiなどが利用できる。どちらも加入しておくと安心感は高いだろう。

新型スペーシア

新型N-BOX

 気になる価格は?

最後に価格を比較しておこう。新型スペーシアの新車価格帯は153万100円~219万3400円。それに対し、新型N-BOXでは164万8900円~236万2800円と、後者の方がやや高めとなっている。これに加えてドライブフィールを加味して選ぶとよい。両者とも、かなり近しいスペックを持つが、燃費を重視するならハイブリッドを採用したスペーシアがおすすめだ。 スーパーハイト型の軽ワゴンとして、両者のスペックは拮抗している。このほかダイハツ タントや日産 ルークスなどもライバル候補。このカテゴリはまだまだ進化が続きそうだ。

新車スペーシアをご注文で1.9%

 「おとなりはスペーシア 登場」CM

スペーシアを新車ご注文で1.9%特別低金利ローンがご利用いただけます。金利の差で数十万円もお得に帰るのをご存じですか?1.9%特別低金利ローンをご利用で月々1万円台で購入が可能です。諦めていた新車がこの価格で買えちゃいます!中古車・未使用車より新車低金利ローンがお得です。

 新車がディーラーより安く買える

スペーシアHYBRID G 1,530,100円〜
1.9%低金利ローン/120回のお支払い例
●初回15,157円×1回
●以降14,000×119回
●ボーナス0円

※新車なので色やグレード、オプションも選べます。お支払い回数、ボーナスの有無も選べます。
スペーシア在庫は

 外装

 運転席

 内装

 スイッチ類

新車N-BOXをご注文で1.9%

 【N-BOX】「洗練のデザイン」CM

N-BOXを新車ご注文で1.9%特別低金利ローンがご利用いただけます。金利の差で数十万円もお得に帰るのをご存じですか?1.9%特別低金利ローンをご利用で月々1万円台で購入が可能です。諦めていた新車がこの価格で買えちゃいます!中古車・未使用車より新車低金利ローンがお得です。

 新車がディーラーより安く買える

N-BOX ベース 1,648,900円〜
1.9%低金利ローン/120回のお支払い例
●初回17,024円×1回
●以降15,000×119回
●ボーナス0円

※新車なので色やグレード、オプションも選べます。お支払い回数、ボーナスの有無も選べます。
N-BOX在庫は

 外装

 運転席

 内装

 スイッチ類

お問合せはこちら

  24H受付中

お電話でのお問合せは0120-242-660で受け付けております。お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。
お問合せはこちら

新車1.9%の他のページ

カートに
入れる
気になる
お電話
LINE
ローン審査