可児市 カーリースはメリットorデメリット? ブルームーン/TAX可児店

画像
カーリースはメリットorデメリット?

TAXスーパープラン

 TAXスーパープラン

欲しかったクルマに新車で乗れる!車検代、自動車税、オイル交換がすべてコミコミの定額プラン♪

はじめに

 はじめに

月々のリース料金を払うだけ、車検などの面倒な手続きも必要なし。そんなカーリースにお得感を覚える方も多い一方で、「実際は高くなるんじゃ?」と不審に思っている方も多いのでは?そこで今回は、カーリースの特徴と仕組み、メリットをご説明します。「カーリースを利用したいけど、正直迷っている」と言う方は、ぜひ参考にしてください。

最低限知っておきたいカーリースのこと

 最低限知っておきたいカーリースのこと

まずは、「カーリースって何?」と言う方のために、改めてカーリースの基本的な仕組みから、説明していきたいと思います。カーリースとは、リース契約と言うかたちで車を利用するサービスです。車の所有権はリース契約をするリース会社にありながら、マイカーと同じように生活上のさまざまなシーンで車を使用することができます。レンタカー利用では車をレンタルするごとに契約手続きが必要ですが、カーリースであればリース期間中は面倒な手続きも必要ありません。リース期間も「3年」「5年」「7年」というふうに、個人の好みや用途に合わせて選ぶことが可能です。数年単位で同じ車を使用し続けるため、マイカーのように愛着を持って接することができるのも、カーリースの魅力でしょう。カーリースでは、基本的に自分の好きな車を選んで使用できます。リース会社が提供するプランと合わせて、国内メーカーの車種・グレードから自分好みの車を選べます。車の購入と違うため、カーリースでは頭金の支払いなどはありません。月々一定のリース料金を支払うシステムです。税金や保険料、車検代などは多くの場合、リース料金に含まれています。そのため、車の維持に必要なもろもろの手続き・支払いも所有者となるリース会社が行うかたちです。月々のリース料金は簡単に言うと、「(車両価格)-(予定残存価格)」をリース期間の月数で割った額となります。予定残存価格とは、リース終了時点に予想される車両価値のこと。つまり、車の所有権がリース会社になる代わりに、リース契約者は車両価格を全額償却する必要がないため、コスト的にも合理的なシステムと言えるのです。

カーリースはなぜ生まれた?理由は車を所有するデメリットから?

 カーリースはなぜ生まれた?理由は車を所有するデメリットから?

【車検の手間や費用】新しい車の乗り方として定着しつつあるカーリースですが、このサービスがなぜ生まれ、車ユーザーのニーズを捉えたかは、車を所有することのデメリットを見れば分かるかもしれません。そのデメリットとは、車の維持に不可欠な車検・メンテナンス。そして、財産でありながら、「いつかは手放すときが来る」という車の将来性に対する不安です。マイカー所有者は、2年に1回の自動車整備点検(車検)を受けなければなりません。国が定める基準に適合するかどうかを定期的に調べ、安全性を確保することは、マイカーを持つ者の義務でもあります。車検をパスして初めて、法的にも道義的にも公道を走ることが認められるのです。車検を受けるには、まず必要な書類をそろえなければなりません。必要書類は車検方法や車検の依頼先によって異なるものの、一般的に車検証や自賠責保険証明書、自動車納税証明書、自動車検査票、定期点検整備記録簿などが必要です。車検には、手続きを済ませるだけでも相当な手間がかかります。手間と同時に現実的に費用もかかるのが車検。車検費用は「車検基本料」と「法定費用」で構成されます。車検基本料とは整備代や検査代の他、オイルやタイヤなどの交換費用も含まれます。法定費用とは自賠責保険料や税金、印紙代のことで、これらは法律で定められた金額であるため、どこの業者でも同額料金を支払うことになるでしょう。車検費用は、車の状態や、整備をどこまで実施するかによって異なります。整備範囲が広いほど、車検費用は高額となるのが実情です。

【整備の手間や費用】車を大切に乗り続けるには、定期点検やメンテナンスが欠かせません。いくらこまめに手入れをしている車でも、毎日乗り続ければ消耗します。タイヤ・オイルの交換はもちろん、エンジンやブレーキパッド、ラジエーター、ファンベルトなど、車のコアパーツは折りを見てチェックし、必要に応じて修理する必要があるのです。車の主要パーツはいくつもありますが、多くの部品は定期的な交換を必要とします。クーラーベルトやファンベルト、ワイパーゴムなどは、劣化状況を自分で確かめながら、必要であれば整備工場などに出して交換してもらいます。整備工場で修理する場合、技術料金に加えて作業の手間賃や人件費なども上乗せされるため、決して安くはありません。整備工場によって基本的な料金設定が異なるため、依頼する際は十分下調べしたうえで料金的にも技術的にもパフォーマンスの良い工場を選ぶことが大切です。車の不具合や、部品交換のタイミングなどは、ユーザー責任の中で行う必要があり、車に関する多少の知識がないと不便になってきます。エンジン不調を放置したまま乗り続けると大きな事故にもつながりかねないだけに、整備の重要性は無視できません。

【乗換えの大変さ】どんな機械製品にも寿命があり、いずれ交換する時期が来ます。車も例外ではなく、いつか乗換えることを前提のうえで購入する人がほとんどでしょう。昨今の車は丈夫にできていますので、20年以上乗り続けている方も少なくありません。しかし、中には、「いろいろな車を乗り回してみたい」というニーズを持つユーザーもいます。車は寿命まで使い切るとは限らず、新しいグレードや、新車種が登場したら、今度はそれに乗ってみたいと思うのが車好きの性というもの。その場合は、新しく買い換えるか、もう1台所有というかたちになるかもしれません。車を乗換えるとすれば、新しい車の購入手続きに加え、中古車の処遇をどうするかも決めなければなりません。ディーラーや中古車買取業者に売却する場合は、どの業者となら高額取引が可能か、調べたうえで売却先を決めないと、大きな損をする可能性も。中古車の評価は、ディーラーに下取りを頼むか、中古車買取業者に売却するかでも違ってきますし、買取業者に売却する場合でも業者によって評価方法は千差万別です。足元を見られて買いたたかれるリスクも考えると、車の乗換えもそう簡単ではないことが分かるでしょう。

車を所有するデメリットをカバーできるのがカーリース!

 車を所有するデメリットをカバーできるのがカーリース!

上記で挙げた「車所有のデメリット」を解消できるサービスが、カーリースです。カーリースのプランによっては、車検代も整備費用も、月々のリース料金に含まれています。車検と整備に必要な手間とコストの心配をすることなく、定額のリース料金のみを支払えば済むので、負担が軽くなるメリットがあるのです。言わば、カーリースは賃貸マンション契約と同じと考えることができます。マイホームを購入すると土地や建物の購入費用はもちろん、固定資産税や修繕費用などの負担を考える必要があり、安定した収入と綿密な資金計画がないと簡単には購入できません。これが賃貸となれば、毎月の家賃を納めるだけでマイルームが手に入るのです。

カーリースがおすすめなのはこんな人

 カーリースがおすすめなのはこんな人

「車は欲しい。でも購入にするだけの準備がない」そんな方に、カーリースはおすすめです。カーリース契約では頭金の支払いは必要なく、月々のリース料金の中に自賠責保険や税金、メンテナンス費用が含まれています。賃貸マンションのルーム契約を結ぶような感覚で、車を長期利用できるのです。また、「いつかは車を乗換えたい」という方にも、カーリースは向いています。一般的にカーリースの契約期間は3~7年程度で、その車の契約が済めば別の車をリースする、という方も少なくありません。コンスタントに好きな車にチェンジできるところも、カーリースならではのメリットです。

まとめ

 まとめ

料金の負担も軽減できて、手頃に好きな車に移行できる。そんな新しいカーライフを提供してくれるのが、カーリースです。リース契約とはいえ、契約期間中はマイカーと同じ感覚で通勤に利用したり、プライベートでドライブを楽しんだりすることが可能。カーリースが持つメリットと、車に対するスタンスが合致している方は、ぜひこの便利なサービスの利用を検討してみてください。

 残価設定を知らないとリース終了時に数十万円も損をすることも!

ここのところ「カーリース」とか「オートリース」「月々1万円」「定額」「メンテパック」など...いろいろなキャッチコピーでカーリースプランが出ていますが、カーリースってどんなものなの? いったい何がお得なの? 残価って何なの? 結局どこのリース会社を選べばいいの? そんな疑問をお持ちの方は、『カーリース動画』をご覧ください。カーリースってどんなものなのか、TAXスーパープランがどんなにお得か、分かっていただけると思います♪

カーリースとオートローンの違い

 カーリースとオートローンの違い

カーリースは頭金を用意する必要がなく料金は毎月定額です。料金には自動車税、自賠責保険料、車検代、オイル交換の基本費用が含まれています。無理なく急な出費がないので主婦の方、新社会人の方、年金生活をされている方にピッタリな乗り方です!契約期間は3~7年の自由設定!カーリースでは車両価格から残価設定を差し引いてリース料を決めるので、月々の支払いを抑えることができます。マイカーローンの場合は毎月の支払いの他に、自動車税、自賠責保険料、車検代、オイル交換の費用が別途必要となります。今はクルマもスマホ感覚(定額)で乗るカーリースの時代です♪

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは0120-24-2660で受け付けております。お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでいつでもメールください。

>> お問合せフォームはこちら

新車1万円~の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!