画像
新車軽自動車人気ランキング

title

新車の軽自動車~普通車まで国産車なら全車種リースOK!月々1万円~♪

1位 ホンダ N-BOX

 1位 ホンダ N-BOX

ホンダ N-BOXは、軽乗用車最大級の室内空間や存在感のあるデザインが特徴で、とにかく使い勝手がいいオールラウンダーです。N-BOXカスタムやN-BOX SLASHとのデザインの差別化も明確で、幅広いユーザーに好まれています。 【燃費】25.6~27.0km/L

2位 ダイハツ ムーヴ 

 2位 ダイハツ ムーヴ 

ダイハツ ムーヴのコンセプトは、「次世代ベストスモール」。軽量かつ高剛性ボディに加え、足回りの改良による走行性能が高く、室内空間も十分な快適性を提供しています。2016年9月にデビューしたムーヴキャンバスは、女性票も確保しています。【燃費】27.4〜31.0km/L

3位 ダイハツ タント

 3位 ダイハツ タント

ダイハツ タントの特徴は、ピラーレスで乗り降りがしやすい「ミラクルオープンドア」を採用している点です。ダイハツの先進安全技術「スマートアシストⅢ」を搭載し、ファミリーにはありがたいコンテンツが盛りだくさんです。【燃費】26.0~28.0km/L

4位 ニッサン デイズ

 4位 ニッサン デイズ

日産 デイズは、三菱自動車との共同で開発され、三菱側では「eKワゴン」として販売されています。「毎日を、昨日までと違う楽しい日々に変えていく」というコンセプトの通り、ワクワク感のあるデザインや、ユーザーの生活を楽しく、便利に彩る機能が満載です。【燃費】20.4~22.0km/L

5位 スズキ ワゴンR

 5位 スズキ ワゴンR

ワゴンRは、発売した1993年の時点で軽自動車の致命的弱点である室内空間の狭さを克服した「軽トールワゴン」の先駆けモデルです。軽ワゴンNo1の低燃費を誇り、今でもユーザーの日々に新しさと楽しさを提供します。【燃費】ハイブリッド車:30.4~33.4km/L ガソリン車:23.4〜26.8km/L

6位 スズキ スペーシア

 6位 スズキ スペーシア

スズキ スペーシアは、ワゴンR以上に室内空間にゆとりを持たせた軽トールワゴンです。スズキのハイブリッドシステム「S-エネチャージ」搭載車で、新型は全車標準装備となっています。その他、新型はデザインの大きな変更や、安全装備の充実など、まさに「買わない理由が見つからない」ほどのコンテンツとなっています。【燃費】24.0~30.0km/L

7位 ダイハツ ミライース

 7位 ダイハツ ミライース

1980年から生産・販売がされているダイハツのロングセラー車です。ミラシリーズの屋台骨として活躍するミライースは、ハイブリッドシステムを使わないことで「低価格」に、かつ「低燃費」、そして新型安全装備「スマートアシストⅢ」を初搭載したことで高評価を得ています。【装備】21.6~35.2km/L

8位 スズキ ラパン

 8位 スズキ ラパン

クセのあるフロントフェイスと、スズキの軽でも最も低価格、そして低燃費を誇る、それでいて全体的な仕上がりはいかにもスタンダードな軽自動車となっています。子どもらし過ぎず、可愛らしいデザイン性が女性に人気のアルトラパンもラインナップしています。【燃費】22.0~37.0km/L

9位 ホンダ N-WGN

 9位 ホンダ N-WGN

ホンダ N-WGNは、ホンダ Nシリーズの軽ワールワゴンタイプの軽自動車です。軽トールワゴンの特徴である室内空間の広さはしっかりと確保されており、疲れにくいシートや日差し対策など、細やかなユーザーへの気配りが光ります。【燃費】24.2〜29.4km/L

10位 スズキ ハスラー

 10位 スズキ ハスラー

スズキ ハスラーは、軽トールワゴンとSUVを融合させた全く新しいジャンルの軽自動車として登場しました。室内空間や燃費性能など、従来の軽トールワゴンらしい特徴と、SUVのアクティブなデザイン、そして軽自動車規格であるが故のかわいらしさが兼ね備えられ、高い人気を博しました。【燃費】24.2〜32.0km/L

新車1万円~の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!