可児市 2020人気中古車ランキング ブルームーン/TAX可児店

画像

2020人気中古車ランキング

 1位 プリウス

トヨタのハイブリッドモデルを代表するプリウスの4代目。優れた環境性能がさらに磨かれ、Eグレードにおいては、世界トップレベルのJC08モード燃費40.8km/Lが実現されている。他の2WD車でも37.2km/L、新たに投入された電気式4WDのE-Fourでも34.0km/Lを達成。全グレードがエコカー減税の免税対象となっている。さらに、トヨタの新たな自動車づくりの取り組みであるTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の第1号車として、カッコよさを際立たせる「低重心スタイル」が採用され、「走りの楽しさ、乗り心地のよさ、静かさ」といった基本的な性能も底上げされている。

 2位 タント

圧倒的な室内空間の広さと使い勝手の良さにより、スーパーハイト系軽ワゴンという新市場を開拓したモデルの4代目。「新時代のライフパートナー」をキーワードに、すべての世代の顧客のニーズに応える、良品廉価なモデルが目指された。また、ダイハツの新世代の車づくり「DNGA(ダイハツニューグローバルアーキテクチャ)」による第一弾商品として、サスペンションや骨格の部品配置を再構築した新プラットフォームを開発。世界初のスプリットギアを用いた新CVTや、大幅改良が施されたエンジンなどのパワートレインを含め、すべての機構が一新された。ロングシートスライドによる、ミラクルウォークスルーパッケージなど利便性も高められた。

 3位 N-BOX

軽乗用車の枠を超えた車格感や、空間の豊かさで人気となった軽ハイトワゴンの2代目。全タイプにLEDヘッドライトが採用されるなど、細部にわたって洗練と上質さが追求された。高効率フロアフレーム構造や、高張力鋼板の適応拡大、新たな接合技術を導入することで、従来型比80kg減の軽量化と高剛性化を両立。パワートレインも新設計された。さらに、CVTやサスペンションの高性能化などにより、安心感のある走りと低燃費、快適な乗り心地が実現されている。安全整備も充実されており、ホンダの軽乗用車では初採用となるホンダセンシングには、衝突軽減ブレーキなど従来の8機能にオートハイビームと後方誤発進抑制機能も追加された。

 4位 フィット

ホンダの屋台骨を支える、コンパクトハッチバックの4代目。歴代モデルが築き上げた優れた性能や機能をベースに、数値では表せない「心地よい視界」「座り心地」「乗り心地」「使い心地」という4つの心地よさを提案。また、ユーザーのライフスタイルやライフステージに合わせた5タイプを用意。シンプルで自分らしさを表現する「ベーシック」、生活になじむデザインと快適性を備えた「ホーム」、アクティブに過ごしたいユーザーのための「ネス」、エンジョイライフに応える「クロスター」、洗練と上質を兼ね備えた「リュクス」だ。パワートレインは1.3L 直4+CVTの他、1.5L 直4に2つのモーターを組み合わせたハイブリッド「e:HEV」が用意された。

 5位 アルファード

トヨタのフラッグシップミニバンの3代目。ヴェルファイアの兄弟車となる。「大空間高級サルーン」をキーワードに開発されている。「豪華・勇壮」をテーマに掲げたエクステリアデザインが特徴。ロアグリルと一体化する、縦に厚みを持たせたメッキ加飾の大型グリルなどが採用され、大胆かつ華やかなフロントフェイスとなっている。セカンドシートと同じレール上に設置されたことで、シートスライド量最大1160mmを実現した助手席スーパーロングスライドシートの採用により、シートアレンジも多彩になっている。搭載するエンジンは2.5L直4アトキンソンサイクルと3.5L V6の2種類。前者には電気式4WDを採用するハイブリッド仕様もラインナップされている。

 6位 セレナ

時代が求めるファミリーの楽しみを追求し、室内の広さや使い勝手、快適性など、運転席から3列目シートに乗る人まで、すべての人が楽しく快適に移動できるように開発された日産の5ナンバーサイズミニバン。先代モデルより180mm広くなった室内長により全席ニースペースが拡大、Aピラーのスリム化などにより開放感も演出された。ハンズフリースライドドアの採用や、デュアルバックドアなど利便性も高められている。また、ミニバンでは世界初となる同一車線自動運転技術「プロパイロット」も採用された。パワートレインは最高出力150ps/最大トルク200N・mを発生する2L直4とCVTの組み合わせ。2WDと4WDが用意される。

 7位 ワゴンR

軽ハイトワゴン市場を確立した、スズキの看板車種の6代目。幅広い世代のライフスタイルとさまざまな価値観に対応する、3つの外観デザインが採用された点が特徴。発進時にモーターのみで走行できるマイルドハイブリッド車は、軽量化と高剛性を両立させた新プラットフォーム「ハーテクト」との組み合わせで、JC08モード33.4km/Lという、軽ワゴンNo.1の低燃費を実現。安全装備では、単眼カメラと赤外線レーザーレーダーで前方の歩行者や車を検知して衝突の被害を軽減するシステム「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」や、周囲の状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替えるハイビームアシスト機能が搭載されている。

 8位 ジムニー

悪路走破性とコンパクトな車体による取り回しの良さから、様々な作業現場や山間部、積雪地の重要な交通手段として活躍してきた軽自動車で唯一の本格4WD車。新開発のラダーフレームに、FRレイアウト、副変速機付パートタイム4WD、3リンクリジッドアクスル式サスペンションという伝統の車体構成を継承。ブレーキLSDトラクションコントロールを全車に標準装備し、高い走破性能も実現される。機能を追求した内外装デザインに取り回ししやすいボディサイズ。見切りの良さ、荷室空間の広さや使いやすさの向上も図られた。予防安全技術、スズキセーフティサポートも搭載され、「サポカーSワイド」に該当している。エンジンは660ccターボ。

 9位 アクア

トヨタが量産型ハイブリッドカーの開発17年間の技術と知恵を結集。「2020年のコンパクトカー」をコンセプトに、より多くのユーザーにハイブリッドを提供すべく開発されたスモールハイブリッド。世界一の低燃費と爽快な走り、使いやすく楽しいハイブリッドであること。スタイリッシュでありながら広い室内空間。求めやすい価格の4つが追求された。パワートレインは、先代プリウスの1.5LエンジンとTHS IIシステムによるハイブリッドだが、小型・軽量化と高性能化の両立が図られている。Cd値0.28を誇る優れた空力ボディとの組み合わせにより、燃費性能はJC08モードで35.4km/L。10・15モード燃費では40.0km/Lという世界一の低燃費を実現した。

 10位 ハリアー

実用性や数値一辺倒ではない人の心を優雅に満たしてくれる、新時代のSUV像を目指して開発されたモデル。エクステリアは、シンプルながらもエレガントさと逞しさとの融合が図られた、流麗なクーペフォルムを実現。調光パノラマルーフが採用され、障子越しのような柔らかな日差しが差し込む車内は、心地よい上質な室内空間が目指されている。ドライバーの目線の動きに着目し、最適化されたサスペンションなどにより、上質な乗り心地も実現された。デジタルインナーミラーをはじめとする、「安全、安心」「快適、便利」な先進装備も与えられる。2L直4ガソリンと2.5L直4にモーターを組み合わせたハイブリッドモデルが用意される。

お問合せはこちら

  24H受付中!

お電話でのお問合せは0120-24-2660で受け付けております。お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。>>お問合せはこちら...

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!

カートに
入れる
気になる